ケアマネ(ケアマネージャー)の仕事~具体的な仕事内容について

ガッツポーズ

ケアマネの仕事は文字通り、ケアをマネジメントする仕事です。カタカナにすると分かりにくいかもしれません。日本語で言うと介護支援専門員です。介護を支援する専門職ということです。

では、具体的にケアマネの仕事とはどういう仕事でしょうか? この記事では、ケアマネの仕事について、具体的に説明していきます。

ガッツポーズ

■利用者に必要なサービスを考える
ケアマネ=ケアマネージャーとは、介護支援専門員という名のとおり、介護について支援をする専門職ということです。

実際のケアマネの仕事は、まず、依頼者である利用者さんの現在、困っていること、希望されていること、必要なサービスの内容を踏まえ、面接をします。

依頼は事業所や市町村の地域包括支援センターからくることもありますが、直接利用者さんから電話で依頼がくることもあります。

事業所や地域包括支援センターから依頼がある場合は、具体的に必要なサービスがはっきりしていることが多いですが、直接依頼がある場合は、困っていることなどがクローズアップされていて困ったことばかりで、どうしたいのかがはっきりしていないことが多くあります。

■介護保険の申請代行

介護保険の申請がまだの場合は申請代行も行います。

簡単に申請から認定結果が出るまでの流れを説明します。

認定結果が出るまでに約1か月かかりますが、サービスが必要な場合は申請日からさかのぼって利用ができるので、認定結果が出る前に利用することも可能です。ですので、今すぐにサービス導入が必要なのかどうかを面接しながら確認をしていきます。

認定結果の前に利用ができると言っても、全てのサービスが利用できるわけではありません。通所系のサービスは介護度によって料金が異なりますので、認定結果が出ないと利用できません。すぐに利用が必要となるのは、訪問介護や福祉用具貸与が多いです。

■「アセスメント」で家族の状況を把握する

この面接の時にいろいろと家庭の内情を聞かないといけません。いわゆる「アセスメント」をして、本人、家族の意向を踏まえながら必要なサービスを選択するためです。

初対面で家族の状況など個人的な情報を収集しなければなりませんので、ケアマネの仕事にはコミュニケーション能力が必要になります。

■契約を交わし、事業所を選んでもらう

面接の時に担当になってもらいたいと依頼があれば、契約を交わします。介護保険は全て
契約に基づき行われますので、まず、契約を行います。

面接で必要なサービスが決まれば、サービスを提供してくれる事業所を利用者さんに選んでもらいます。事業所の特徴を知っておき、説明をします。

「初めてなのでわからない」

と言われることが多いのですが、公平中立な立場で業者を選ばないといけないので、あくまで説明をして利用者さんに選んでもらうように促す必要があります。

■サービス担当者会議の開催

事業所が決定したら、事業所へ連絡しサービス提供が可能かどうかの確認を行います。可能であれば、利用者さん、家族、サービス提供事業所と担当ケアマネでサービス担当者会議を開催します。開催の進行もケアマネの仕事です。

利用者さん、家族の意向を伝え、サービス時に必要な事柄をお互いに確認します。

そしてようやくサービスが開始ということになります。

このように面接をすることにより、利用者さんが抱えている課題を把握し、適切なサービスの提供を行います。

■書類の作成

ケアマネの仕事はまだまだあります。面接での内容や利用者さんから聞いた情報、サービス担当者会議の内容等を書面にしなければなりません。

それ以外にも、居宅サービス計画書を作成し、利用者さん、家族の同意を得て、サービス提供事業所に渡します。

また、1か月の予定表を作成します。これはサービス利用票と言って、1か月単位でサービスの内容が書かれたスケジュール表です。作成したら利用者さん、家族へ説明し、印鑑をもらいます。

サービス提供事業所にはサービス提供票を渡します。

■介護保険の給付管理

まだまだ、ケアマネの仕事は続きます。介護保険は介護保険から9~8割支給されますので、その手続きは給付管理と呼ばれるものです。これもケアマネの仕事です。

■モニタリングの実施

そのほかに、月1回利用者さんの居宅を訪問し、利用票の説明、サービス提供の状況、新たな課題がないかどうかなど、モニタリングを行います。これも書面にする必要があります。

■ケアマネの仕事まとめ

今までの流れをまとめますと、ケアマネの仕事とは、
① 相談援助、契約
② 介護保険の申請代行
③ サービス提供事業所との連絡調整
④ 居宅サービス計画書の作成
⑤ 利用者さん宅の訪問、モニタリング
⑥ 必要な書類の作成

になります。

ケアマネが仕事をスムーズにこなすためのスキルとしては、

① コミュニケーション能力
② 情報収集能力
③ 文章作成能力
④ パソコンのスキル